今できること

ご無沙汰しております、弾正です!

京都も緊急事態宣言の延長が濃厚になってきました。
その際は当店もそれに準じ、テイクアウトのみの営業を継続します。
詳細はホームページにて随時告知致しますので、よろしくお願いします。

そんな中でも、やはり料理人として、居酒屋として、料理を提供してお客様に喜んで頂きたい。

そのために、今弾正にできることはなにか。
2つ考え出しました。

1つは通販商品の開発。

もう1つは、宣言明けに自粛から解放されたお客様に提供する新メニュー開発。

開発会議を開催しました。

というわけで先日、それらの開発会議を開催しました。

「まいぷれ舞鶴・綾部・福知山」でおなじみの、株式会社ホリグチのスーパー営業マン、児島様。

まいぷれ舞鶴・綾部・福知山でおなじみのスーパー営業マン、児島様(株式会社ホリグチ)。

ENDEAVOR(慎考水産)の若き代表、松田様。

ENDEAVOR(慎考水産)の若き代表、松田様。

料理撮影やwebを担当して頂いている、コネクテッドの兵藤様。

そして当店のスタッフ2名にて。

自分の専門分野外のお話を聞きながら意見交換を行うのは、とても刺激になります。

自分の専門分野外のお話を聞きながら意見交換を行うのは、とても刺激になります。

たくさんの関係各位の、そしてお客様の支えあってこその自分であるということを痛感します。

たくさんの関係各位の、そしてお客様の支えあってこその自分であるということを痛感します。

皆様のお忙しい時間を割いて頂き、実のある貴重なお話ができたと思います。

弾正 甲盛

今回のお話、「話し」だけでなく「形」として、今後作り上げて行き、店頭やホームページにて告知していきます。乞うご期待!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です