弾正オリジナルジビエおつまみシリーズ第3弾「鶏梅煎茶漬(とりうめせんちゃづけ)」完成!

もう1/12ですが、あけましておめでとうございます!

実は昨年末に「弾正オリジナルジビエおつまみシリーズ第3弾」を完成させていたのですが、何かとバタバタでご紹介が遅れてしまいました。

 

改めて、第3弾「鶏梅煎茶漬(とりうめせんちゃづけ)」をご紹介!今回も酒のアテに超最適な仕上がりになっております!

舞鶴市の西部に位置し南北を貫流する由良川を中心に豊かな自然を有する加佐地区。

その加佐地区で、鶏をゲージ飼いでなく、鶏舎内を自由に動き回れる自然農法「平飼い」で飼育している「霜尾養鶏」。

写真はイメージです

その霜尾養鶏で育った鶏のもも肉とムネ肉を使用し、絶妙なバランスで配合、和風だしと京都府産の煎茶で味付けをし、味のアクセントに梅肉を加えています。霜尾養鶏紹介はこちら(京都府養鶏協会公式サイト)

日本酒、ビール、焼酎とともに、鶏の皮・脂・肉を少しづつじっくりご堪能ください。

ご家庭料理に、野菜とブレンドしチキンサラダもおすすめです。

1缶850円(税込)で店頭にて販売中!設置・販売して頂ける店舗様も募集中です!お気軽にお問い合わせください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。